コドモファンド

  • 追加型
  • 内外
  • 株式
  • ファンドオブファンズ

日本経済新聞記載名:コドモ

ファンド・オブ・ファンズ方式により、信託財産の長期的な成長を目指して積極的な運用を行います。

留意事項

投資リスク

当ファンドは、株式などに投資する投資信託証券に投資しますので(ファンド・オブ・ファンズ方式といいます。)基準価額はそれら組入株式等の値動きにより変動します。また、外貨建資産に投資する場合、投資対象国の通貨と日本円との間の為替変動により基準価額は変動します。したがって、投資家の皆様の投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割込むことがあります。当ファンドに生じた利益および損失は、全て投資家の皆様に帰属します。また、投資信託は預貯金とは異なります。 主なリスクは以下の通りですが、当ファンドにかかる全てのリスクを完全には網羅しておりませんので、ご留意ください。
お申し込みの際は、目論見書の内容を十分にお読みください。

価格変動リスク

当ファンドは、国内外の株式へ投資する投資信託を通じて、間接的に株式へ投資します。株価は、国内外の政治・経済情勢、株式等の需給関係、発行企業の業績等を反映して変動します。また短期間に大幅に変動することがあります。一般に、新興国の株式等は先進国に比べて価格変動が大きくなる傾向があります。組入銘柄の株価が下落した場合には、基準価額が下落し、損失を被る場合があります。

為替変動リスク

世界各国の通貨建有価証券等に投資する場合、円貨ベースの資産価値は、為替レートの変動により影響を受けることになります。為替レートは、一般に当該国・地域の政治、経済および社会情勢等の変化により変動します。したがって、これらの影響を受け、基準価額が変動する可能性があります。

カントリーリスク

外国証券への投資には、当該国・地域の政治、経済および社会情勢等の変化により混乱が生じた場合には、基準価額に大きな変動をもたらす可能性があります。その場合に基準価額は下落し、損失を被る場合があります。

信用リスク

間接的に投資する株式について、発行者の経営、財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化を含む信用状況等の悪化は、価格下落の要因のひとつであり、それにより基準価額が下落することがあります。

流動性リスク

市場規模の縮小や市場の混乱が生じた場合等には、機動的に有価証券等を売買できないことがあります。このような場合には、組入有価証券等の価格の下落により、ファンドの基準価額が影響を受けることがあります。

大量解約に伴うファンドの資産売却によるリスク

一時に相当金額の解約申込があった場合、資金手当てのために保有資産を大量に売却しなければならないことがあります。その際、当該保有資産を市場実勢から期待される価格で売却できないことがあり、結果として基準価額が下落する場合があります。

その他の留意点

当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(クーリング・オフ)の適用はありません。
当ファンドは、預貯金や保険契約と異なり、預金保険機構、貯金保険機構、および保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。また、投資者保護基金の支払い対象となりません。