セミナーレポートと参加者の声

セミナー、交流会の様子と参加者の感想をご紹介いたします。

セミナー 一覧

  • 2019年2月15日(金) YASUの金融講座 第1回「金利」 樋口恭信

    参加者の声

    全くの素人でも理解できる内容だった。(男性)

    古代から金利があることにまず驚きました。 金利は奥が深くて、知識を増やせばさらに面白いと思った。(30代男性)

    金利が他の資産に及ぼす影響が再認識できた。 但し、なかなか理論通りにならないのが現実とも言えるが・・・。(50代男性)

    金利と債券の話を継続的にお願いしたいです。(40代男性)

    金利の歴史的変化のグラフが興味深かった。(60代男性)

    金利の歴史が5000年もあるなんて驚きでした。(40代男性)

  • 2019年2月 8日(金) ベンジャミン・フランクリンが夢中になった「電気の流れとお金の流れ」小出雅之氏

    参加者の声

    「びりりん」の内容・フランクリンの話も知っていましたが、小出さんの講座の進め方、非常にうまい。楽しかったです。 フランクリンのすごさを再認識しました。(60代男性)

    学生時代に色々な科学実験をしたことを思い出しました。 フランクリンの話を聴き、本来のお金の役割を理解し、広めることが重要と感じました。(50代男性)

    楽しかったです。小学生に帰った気分でした。 らくちんファンドとのいきさつをもう少し知りたかった。(70代男性)

    フランクリンの仕事を知れたことが良かったです。(60代男性)

    手をつないでドンは驚きました。 フランクリンの200年の長期投資の話は目が覚めた感じがします。(60代男性)

  • 2019年2月 2日(土) 「ハートで感じる長期投資の始め方」 平山賢一氏

    参加者の声

    「違い」内容がよく理解できた。(70代男性)

    ハートで感じる。違いが大事であると感じた。(70代男性)

    他社に預けている人の勝ちor損の状況資料が興味深かった。(40代女性)

    会社・経営者の違いをハートで感じていくことが大切だと改めて感じました。(60代男性)

    良い運に恵まれるには、違いに気付けることですね。 人を見抜くことは、AIにはできませんね。

  • 2019年2月 1日(金) 「成長企業への投資プロセス Part 3」押谷孫行氏

    参加者の声

    データの読み方に興味を持ちました。(女性)

    長期スパンで見ることの重要性。 株価指数と国の経済の指標の関連性を理解できた。(50代男性)

    ピストルの話が面白かった。(70代男性)

    アメリカは国益・国富を守るということが興味深かった。(60代男性)

    全世界の経済の動きがよく理解できました。(60代男性)

  • 2019年1月18日(金) 「ハートで感じる長期投資の始め方」 平山賢一氏

    参加者の声

    経営者(人間)による要素が大きい点が興味深かった。(70代男性)

    経営者の人を見る、見て投資するか判断するところが興味深かった。(女性)

    希望の星の経営者は一歩先を見てかつ行動を完了しているという事。 今の自分に言える事なので、自分の仕事に置き換えて今年はそれが多くできるようになりたい。(30代男性)

    株価ではなく、会社を見る・経営者を見ることの大切さを再認識できました。(50代男性)

    金利の話が興味深かった。経営者が話す機会に参加できるようにしていきたい。(40代男性)

    ZOZOTOWN 前澤社長のこと、アメリカ金利の不安定さの説明が興味深かった。(60代男性)

    経営者によって会社が変わるという点と、市場全体の話は約に立ちました。 金利の話は全体的に参考になりました。(60代男性)

    経営者を見ながら投資する、という視点はとても大切だと思っています。 「一歩先」を説明して、しっかり行動してくれる経営者に投資したいと思いました。(40代男性)