コドモファンド

  • 追加型
  • 内外
  • 株式
  • ファンドオブファンズ

日本経済新聞記載名:コドモ

お客様に本当に良いファンドを提供したい。「コドモ」という名前にそんなピュアな思いを込めました。

2017.12.12 現在

  • 基準価額

    18,301

  • 前日比

    +63

  • 純資産総額

    7,178百万円

  • 分配金情報

    0
    (2017.02.27)

←横にスクロールしてご覧ください→

JAN FEB MAR APR MAY JUN JUL AUG SEP OCT NOV DEC YTD
2017 3.14% 0.30% 1.81% 0.38% 4.79% 2.83% 1.31% 1.21% 3.70% 3.01% 3.35% 28.98%
2016 -6.75% -6.05% 7.72% 0.07% 1.09% -7.43% 4.38% -2.20% 3.04% 2.17% 2.30% 3.36% 0.43%
2015 -0.32% 4.63% 2.29% 3.22% 1.94% -0.25% 2.07% -5.86% -7.07% 9.01% 3.56% -1.23% 11.48%
2014 -2.91% -0.07% -0.55% -2.01% 2.14% 4.39% 3.16% 0.63% 2.60% -2.29% 6.93% 1.95% 14.36%
2013 -0.02% -1.03% -5.49% 4.54% -0.93% 4.52% 1.03% 3.96% 3.45% 10.00%

コドモファンドの特徴

コドモファンドの目的

当ファンドは、日本の皆様に本当に長期で安心して投資できる機会を提供することで、一人でも多くの皆様がお金から自由になり、本来のあるべき人生を歩んでいただくお手伝いをすることを目的としています。

コドモファンドの特色

「自分たちが本当に良いと思うものをお客様にも提供したい。」日本で販売されている他のファンドとの最大の違いがここにあります。実際、コドモファンドの購入者にはクローバー・アセットの社員はもちろん、グループ企業やその社員などが多いのも、フォンドの良さを表している特徴の一つでしょう。
その他にも以下のようなユニークな特徴があります。

長期投資

長期に安定したパフォーマンスを確保するため、株式に限らず、債権、商品、不動産、金に投資するファンドなど、あらゆる資産に投資する事が可能で、市場の環境変化に対応できる設計になっています。

分散投資

複数のファンドに分散投資するファンド・オブ・ファンズ(※)という方式を取ることで、リスクの軽減が図れるだけでなく、時間を分散することで、その時の市場のサイクルに最も適合したアセットアロケーションを実現。最適なパフォーマンスを目指します。

厳選したファンド

スイスの10のブライベートバンクと5つのファミリーオフィスとの間で情報を共有。優秀なファンドを世界から厳選すると同時に、常に最も「旬」なファンドを組み込む努力を行っています。
また、組入れにあたっては、国内外のETF(上場投資信託証券及び上場投資証券)に投資する場合があります。

投資制限

  • 投資信託証券への投資割合には制限を設けません。
  • 同一銘柄の投資信託証券への投資割合は、原則として信託財産の純資産総額の50%未満とします。ただし、約款または規約等においてファンド・オブ・ファンズにのみ取得されることが定められている投資信託証券については制限を設けません。
  • 外貨建資産への投資には制限を設けません。
  • 株式への直接投資は行いません。
  • デリバティブの直接利用は行いません。

ファンドオブファンズの仕組み

ファンド・オブ・ファンズとは、株式や債券等に直接投資をするのではなく、株式や債券等に投資されている複数の投資信託(ファンド)への投資を通じて、実質的に内外の株式等に投資を行うファンドです。

ファンドオブファンズの解説図

組入れ投資信託証券

  • SBI 小型成長株ファンド ジェイクール(適格機関投資家専用)(国内の株式等に投資)
  • SBI 中小型成長株ファンド ネクストジャパン(適格機関投資家専用)(国内の株式等に投資)
  • SBI 中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(適格機関投資家専用)(国内の株式等に投資)
  • さわかみファンド(国内外の株式等に投資)
  • ひふみ投信(国内外の株式等に投資)
  • ザ・2020 ビジョン(適格機関投資家用)(国内の株式等に投資)
  • ニッポンコムジェスト・ヨーロッパ・ファンドSA(適格機関投資家限定)(ヨーロッパの株式等に投資)
  • ニッポンコムジェスト・エマージングマーケッツ・ファンドSA(適格機関投資家限定)(新興国の株式等に投資)
  • TMA 長期投資ファンド(適格機関投資家限定)(国内外の株式等に投資)
  • アトランティス・ジャパン・オポチュニティーズ・ファンドUSDクラス(アイルランド籍USドル建て外国投資信託証券)(国内の株式等に投資)
  • コムジェスト・グロース・アメリカ(アイルランド籍US ドル建外国投資法人)(北米の株式に投資)
  • コムジェスト・グロース・ワールド EUR I Acc(アイルランド籍ユーロ建外国投資法人)(国内外の株式等に投資)

※このほか、国内外のETF(上場投資信託および上場投資証券)に投資する場合があります。

コドモファンドについて

このファンドは、長期投資を目指す直販投信の中では比較的新しく2013年4月15日に設定されました。さわかみファンドの創業者である澤上篤人氏が始めた直販投信の特徴である「個人のための長期の安定的な資産運用の提供」「販売手数料ゼロ」「運用者の顔が見え直接コミュニケーションできる」などの原点は継承しつつ、社長の多根のスイスでの9年間の運用経験から得た独自の要素を加えた、日本の直販の良さとスイスの優れた運用をミックスした新しいハイブリッドタイプのファンドです。クローバーの中でも圧倒的な運用資産額を誇るフラッグシップ的なファンドでもあります。

  1. ①国内籍のファンド・オブ・ファンズであるということで組入可能な有価証券に制約があるものの、出来る限り制約を設けずあらゆる環境の変化にも対応可能な設計になっています。例えば、現在は、日本株を対象とするファンドの組み入れ比率が多くなっていますが、海外の株式、債券、商品、不動産、金など、マーケットの状況により組み入れファンドは機動的に変化させていきます。
  2. ②スイスを軸とするプライベートバンクやファミリーオフィスとのつながりを活用し、日本国内だけでは知りえない世界中の運用チャンスを取り入れていきます。スイス・ジュネーブに関連会社の拠点があり、弊社運用担当者も駐在していますので、生の情報をスピーディに運用に反映しています。
  3. ③関連企業からの大口投資があることや弊社社員、またその家族の間でも圧倒的に人気のあるのもこのファンドの大きな特徴です。

セミナー等でも皆様と投資仲間として親密なコミュニケーションをさせていただいております。
また、お客様同士(ファンド仲間)の連帯も深めてゆきたいと思っています。