1. トップページ
  2.  > クローバーの想い

世界で一番お客様を幸せにするファンドでありたい

お金から自由になるための「本物の運用」

 子育て、学費、結婚、住宅、親の介護、医療費、老後の資金などなど、人生あらゆる局面で必要なのは「お金」「お金」「お金」。いつでも、いくつになってもお金に関する不安は尽きません。特に寿命が伸びていく中、老後の資金は大きなテーマです。さらに年金や国家の財政が危機的な状況だけに、リタイヤして老後を迎えようとしている世代だけでなく、2 0代や3 0 代の若い世代にも将来のお金について危機感を持っている人が沢山いらっしゃるはずです。ただ、何かアクションを起こしているかというと「まだ先のことだから」とか、「どうして良いのかわからない」という理由から、何もしていない人がほとんどかもしれません。
 一方で、中にはこんな人もいるでしょう。銀行預金の金利で資産は増やせないから、何かに投資しなくちゃいけない。迷いながらも株や債券、FXなどに投資する。あるいは、金融機関の勧めるままに、流行りの投資信託を購入する。でも、それで安心できるわけではない。株式相場や為替の動向が気になって、上がり下がりする度に一喜一憂します。安心を手に入れるための運用により、日々の不安が大きくなったり、目の前の仕事や、楽しみ、そして夢が犠牲になるようでは元も子もありません。おまけにこのような運用は、短期で儲かっても、長期では大きな損失を抱えてしまうことがほとんどのようです。
 このように、「何もしなくても不安」、「何かしても不安」、どうしてもお金からは自由になれません。でも、「本物の運用」は儲けるためではなく、お金から自由になるためのもの。「本物の運用」を通じて、皆さんがお金から自由になって、もっと豊かな人生をおくってほしい。クローバー・アセットマネジメントというファンド運用会社は、そんな私たちの想いから生まれました。

「プライベートバンク」や「ファミリーオフィス」の運用を一万円から

イメージ  私は1998年暮れから9年間、スイスジュネーブに赴任し、ある企業の資金運用を任される機会を得ました。スイスというと思いつくのがアルプス、チョコレート、チーズ、高級時計といったものでしょうか。実は、それ以外にも世界的に有名なものがあります。それが「プライベート・バンク」です。プライベート・バンクとは、超富裕層に向けて資産の管理・運用についてサポートする金融機関で、二代、三代にわたって信頼関係を続けていることも珍しくありません。なかなか敷居が高いとされるスイスのプライベート・バンクですが、私は幸運にも合計12行に口座をオープンすることができました。おそらく、これだけのプライベート・バンクと関係をもった人は、世界でも珍しいかもしれません。
 面白いもので同じプライベート・バンクでも、それぞれ歴史も、特徴も異なり、しっかり個性がありました。そして、さまざまな専門分野で、素晴らしい才能のある人材と知り合えたのも大きな財産となりました。
 さらにスイスはプライベート・バンク以外にも、ある重要な金融の拠点となっていました。それはさまざまな国から来た実業家やその家族が自らの資産を運用する「ファミリー・オフィス」です。
 彼らは、世界各地で実際の事業を展開しながら、一方で資産の運用を行うといった事業と投資のプロです。彼らに学んだのは、自分で運用するよりも、世界中から選りすぐりの人間を選び出し、彼らに運用を委託することでした。それが「良いファンド(投資信託)を買う」ということでした。私は彼らから数多くのファンドを紹介され、9年間に1 9ケ国、100ケ所以上のファンドを訪問し、直接ファンド・マネージャーに会って、良いと判断すれば投資をするという貴重な経験を積むことができました。
 実はスイス赴任の当初から目標にしていたことがありました。それは、この世界の金持ちしか相手にしない彼らの資産運用のノウハウを、何とか「日本の一般の方」にも提供したいというものでした。幸いこのクローバーにかかわることになり、ようやく永年の夢が果たせる機会が得られました。私のスイスでの運用エッセンスを一万円から投資できるファンドとして皆様に提供できるようになったのです。

ファンド・オブ・ファンズはドリームチーム

 クローバーがご提供しているのは、世界中から長期投資向けのファンドを選びぬき組合わせて最適なパッケージにするファンド・オブ・ファンズと呼ばれる仕組みです。スポーツに例えれば、スーパースターを揃えたドリームチームのようなもの。ただ、良いファンドを集めれば良い運用ができるかというとそう簡単でもありません。ファンドマネージャーは一人ひとりが得意な領域をもつプロフェッショナルですが、スポーツ選手と同じように彼らにも旬というものがあります。金融情勢の変化に合わなくなったり、投資に対する考え方が変わったりすることもあります。それを見極めながら、投資バランスを変更し、ファンドを入れ替えなければなりません。これも、我々クローバーの大切な仕事です。

 また、お金は「時間」と「空間」をさまようもの。大きな環境の変化に対応しながら、中身(組入れファンドの種類)やその比率を変えていかねばなりません。世界的な相場の変動や不測の事態による短期的な騰落に振り回されずに、長期間にわたり保有できる私どものファンドは、きっとあなたをお金の心配から開放し、人生を豊かで幸福なものにしてくれるでしょう。

クローバーが選ぶ良いファンドとは

 では、本当に良いファンドというのはどのようなものでしょうか。私どもの考える良いファンドの条件の中で大事な項目を上げてみましょう。

❶良いファンドマネージャーがいる。

 日本だけでも約5,500ものファンドが売られていますが、実は誰が運用責任者(ファンドマネージャー)なのかさえ明確になっていないものがほとんどです。私たちは、ファンドの運用責任者であるファンドマネージャーとの対話を大切にします。
 優れたパフォーマンスを発揮しているファンドマネージャーたちは個性豊かで、しっかりとした長期投資哲学の持ち主です。彼らとの緻密なコミュニケーションを通じて、私たち自身も貴重な情報や運用ノウハウを蓄積することができます。
 「ファンド」を選ぶのではなく、投資に誇りと情熱を注ぐ、まず心から信頼できる「ファンドマネージャー」を選ぶこと。それが、私たちの最も重要なミッションだといえるでしょう。

❷お客様とファンドマネージャーとの信頼関係がある。

 次に重要なのは、投資してくださるお客様とファンドマネージャーの間に深い信頼関係があることです。景気は寄せては返す波のようなもの。長期間ファンドを運用すれば、必ずさまざまな環境の変化にさらされます。もし、金融情勢が悪化してお客様が離れ、資産が急激に減ってしまったらファンドの運用が困難になってしまいます。実はこの事の重要性を、身を持って経験した事例があります。2008年にリーマンショックが起こった時、世界中のファンドが大きな損失を出し、中には解約が殺到したため、更に損失が膨らんだり、破綻に追い込まれたりするファンドも沢山ありました。
 一方、私たちのお客様は、「こうした大暴落のときこそチャンスだ」とおっしゃって追加投資をしてくださったのです。
 このおかげで安値でたっぷり良いファンドを買い、その後の運用成績を大きく伸ばすことができました。この様にファンドが長期間にわたり安定した運用を実現するためには、お客様との信頼関係が必要不可欠な条件なのです。

❸経営状況、チームワークが良い。

 ファンドの運用は、ファンドマネージャーだけではできません。優秀なアナリストも必要ですし、企業として経営が安定していることも、長期で運用を委ねるためには不可欠です。
 安定して資金流入が続いていること、かといって巨大になりすぎても今度は運用上のリスクが高まります。常に社内の人間関係や経営状況をチェックすることも、ファンドの選定には不可欠な要素です。

お金から自由になったらすべきこと

 資産づくりは「本物の運用」をし、しっかり忍耐強く時間をかけることができれば、意外と簡単に達成可能なものです。しかし、長期投資で充分な資産をつくり、お金の不安から解消されてからがとても重要で難しいのです。
 実は、本当に豊かで幸せな人生を送るためには、そこからが本番と言えるでしょう。
 人間は欲深いもの。良くあるケースは「もっと儲けたい」「もっと資産を増やしたい」と、ますますお金にのめり込んでしまうことです。それでは、せっかくお金の不安が解消されたのに、ますますお金の虜となり、とてもお金から自由になることはできません。ではどうすればいいか。そのためには、資産づくりを始めた頃から、将来お金から自由になった時のことを想定し、資金に余裕ができた時にどんなお金の使い方、世の中への活かし方をすべきかをしっかり勉強しておくことです。
 私どものセミナーには、投資初心者向けの「はじめる」、投資について実際のファンドマネージャーを招いて勉強する「ふやす」、そして、お金から自由になったあとのお金の社会への活かし方を学ぶ「いかす」という3つのセミナーがあります。この3つめの「いかす」が最も大事なのです。長年かかって運用した大切なお金を活かすのに相応しい自分なりのテーマを見つけることは、そう簡単ではありません。でも、本当に自分らしい有意義なお金の活かし方を見つけることができれば、必ず豊かで幸せな人生を送れると、私は心から信じています。
 「いかす」を勉強することは、思わぬ副次効果もあります。
 どのようにお金を世の中のために活かせばいいかに夢をめぐらすほど、日々の運用成果が気にならなくなります。目先の運用益ではなく、本当の投資の目的、ひいては人生の目的をも見失わなくてすむからです。投資の目的は単にお金を稼ぐだけではなく、その先にある人生の喜びや幸せを得ることにあります。未来へと続く夢と希望こそが、長期投資型ファンドのもたらす最大のリターンなのです。「世界で一番お客様を幸せにするファンドでありたい」。私どもクローバーの願いです。クローバー

ページの先頭へ

電話でのお問い合わせ 平日9:00〜17:00 定休日:土・日・祝・年末年始

TEL:03-6262-3923